洗濯物を干すのは好きな時間でOK!自分のこだわり見つけよう

数ある家事の中でも、洗濯物を朝に干すことがストレスになっている持病ママも多いのではないでしょうか。

『洗濯物は朝に干さなくてはいけない』というルールなんて、実はありません。あるとしたら、それは自分や周りが勝手に作ったルールです。

今回は、洗濯物を干す時間帯について考えてみましょう。

干す時間帯は自分で決めればOK

ハッキリ言って、洗濯物なんてどの時間帯に干したってOK。要は、乾けば良いんです!

家事をきっちりこなすことがストレスになるくらいなら、いっそのこと「無理はしない」と割り切ってしまいましょう。

住んでいる場所にもよりますが、洗濯物は大体9時頃~16時頃まで干していれば乾きます。とは言え、朝に干して夕方に取り込む作業を難なくこなせるのは専業主婦だけかもしれません。

と言いますのも、ワーキングマザーにとっては、朝に洗濯物を干してから出勤するという作業は思っている以上に大変だからです。

そうでなくても早起きするのがストレスだと思っているのに(私は早起きが苦手!笑)、洗濯物を干すならもっと早く起きなくてはいけません。

「明日はいつもより早起きだーーー」と考えるだけで憂鬱になってしまうお母さんも少なくないのでは?(きっといるハズ…💦)

「そんなの当たり前だ」

「昔から母親はみんなそうしてた」

こんな声が聞こえてきそうですが、それは健康な人だから言えること。

持病を抱えるシングルマザーは、たとえ少しであってもなるべく無理をすることは避けた方が良いと私は考えています。

と言うことで、今までの固定観念は取っぱらって干す時間帯は自分で決めてしまいましょう!

考え方を変えるだけで、かなり負担が減りますよ👍

あなたのこだわりを見つけよう

人には、それぞれ譲れないこだわりがありますよね。

自分にとっての『ストレスフリーな方法』を見つけるためには、自分のこだわりポイントを自覚することが大切です。

天日干しにこだわる派

「時間帯へのこだわりはないけどできれば天日干しをしたい!

そんなこだわりをもっているあなたは、天日干しにこだわる派ですね。実は、私もこのタイプ。

天日干しはしたいけど、朝の早起きはストレス…」と考えているなら、仕事から帰ってくる時間に洗濯機のタイマーを設定しておく方法がおススメです。

仕事から帰ってきた夕方に干して、翌日の夕方に取り込めばOK👌いわゆる夜干し(よぼし)ですね。

これなら早起きの必要もないし、ちゃんと天日干しもできるので一石二鳥です。

ただ、この方法だと次の日の急な雨で濡れてしまうことがあります。また、虫の多い季節や場所だと取り込むときに虫がついてきてしまうことも。天気予報虫(とくに蜂)には要注意です⚠

周りの目が気になる派

「べつに自分はいつ干しても良いんだけど、周りの目が気になるから夜に干しっぱなしにはできない…」

こういうタイプのママもいると思います。

それなら、もういっそのこと洗濯物は外に干さないというのはいかがでしょうか。

たとえば浴室に干すのも1つの手ですね。または、部屋で夜に仮干しをしておいて、朝になったら乾きの悪そうなものだけを外へ干し直すというのもアリだと思います。

ただ、部屋や浴室に干した洗濯物は生乾きのニオイニオイ戻りも気になるところです。洗剤や柔軟剤を室内干し用に変えるなど、できる範囲で工夫してみてくださいね。

おわりに

ほかにも、人によっていろんなこだわりポイントストレスポイントがあると思います。洗濯物を干す作業のどの部分が自分にとってのストレスなのか、ストレスをなくしつつこだわりを守る方法はないか、一度考えてみてくださいね。

何かを変えることでそのストレスから逃れられるなら、ほかの方法に思い切って変えてみるのも良いと思います。

永瀬
何事も、やってみてダメならまた変えれば良いのです!
気楽にいきましょう😄

友達にも教えてあげよう♪


S/Sの最新情報を
プッシュ通知で受け取ろう!

新しい記事の掲載をプッシュ通知でお知らせします。購読は無料&こちらのボタンからいつでも解除できます。