早い!簡単!汚れの落ちにくいお弁当箱の角をキレイにする方法

毎日お弁当を作る持病ママの中には、お弁当箱の汚れがなかなか落ちなくて困っている人もいるのではないでしょうか。とくに角の油汚れはガンコで、「何回も洗わないとキレイにならない!」とイライラしながら洗い物をするママもいるのでは?

今回は、汚れの落ちにくいお弁当箱の角を簡単に早くキレイにする方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね😊

冬は汚れがなかなか落ちない

私も息子のお弁当を作っています。もう慣れたとは言え、冬は油汚れの落ちにくい季節。お弁当箱の角をキュッキュッ✨となるまで洗うのは思っているより大変です。

え? なぜ冬は油汚れが落ちにくいのかって?

冬に油汚れが落ちにくいのは、水温が低いからです。

たとえば、「洗顔のときは熱いお湯よりぬるま湯の方が良い」と言われていますよね。洗顔で熱いお湯がNGなのは、お湯の温度が高いと皮脂を落としすぎてしまうから。

冬は水道から出る水の温度が低いため、いつもと同じ感覚で蛇口をひねっても思っている以上に温度の低い水が出ます。

この水温の低さこそ、冬のお弁当箱は角の油汚れが落ちにくい理由なのです。

水ではなくお湯を使って洗おう


お弁当箱の角まで早くキレイに洗うなら、お湯を使うのが一番です。

「熱い」と感じるほどの温度にする必要はありませんが、ぬるま湯では効果が出にくいです。せめてお風呂くらいの温度で洗ってくださいね。

また、お弁当箱にためておく水もお湯に変えましょう。

お弁当箱に限らず、食器を洗う前に水をためておく人も多いのではないでしょうか。温度の低い水をお弁当箱や食器にためておくと、反対に汚れが落ちにくくなってしまいます

汚れを浮かせるためにお湯をためるなら、肌に触れないので熱いお湯でもOKです👌。

洗剤を変えるより効果的

私はこれまで、毎日お弁当箱のヌルヌルを落とすために奮闘していました。洗剤を変えてみたこともありますが、やっぱり油汚れは落ちにくい!

ところが、お湯に変えてみたら簡単にキュッキュッ✨となるではありませんか!

こんなに簡単なら早くお湯で試せばよかった~😓

その代わり、お湯で洗うと今度は手がガサガサに。水仕事が終わったら、すぐにハンドクリームを塗りましょう! ビニール手袋を使うのも良いですね。

永瀬
ハンドケアも面倒ですが、何度も何度も洗い直す手間を考えれば断然オススメです。ぜひ試してみてくださいね!

友達にも教えてあげよう♪


S/Sの最新情報を
プッシュ通知で受け取ろう!

新しい記事の掲載をプッシュ通知でお知らせします。購読は無料&こちらのボタンからいつでも解除できます。